スライドドアを開けようとしても反応がない時の対応。

通常の状態であれば、キーレスや、ドアノブを握る、ドアのボタンを押すと、「ピィ、ピィ、ピィ」と音が鳴り、
スライドドアが閉まったり開いたりします。

 

しかし、この反応が全くない場合があります。

 

こういった症状の時は、エンジンルーム内にあるヒューズが原因の場合があります。
バッテリーのマイナス端子を外して、5分ほど放置してみてください。

 

これをやっても直らない場合は、
「ステップワゴンのスライドドアを簡単に直す裏ワザを大公開!!」
をご覧下さい。

 

まれに直る事があります。ただしこれは応急処置になります。

 

急な坂道ではパワースライドドアが開閉できないことがあります。坂道でのスライドだの開閉はできるだけ
避けるようにしましょう。

 

パワースライドドアのローラー滑走面に石などの異物があると、作動不良になる場合があります。
放置しておくと、良くないので異物は取り除きましょう。また、異物を取り除く場合は、水平な場所で必ず
メインスイッチを“OFF”にして行ってください。

 

 

ちなみに・・・・

 

ヒューズが故障の原因の場合は、修理代に3万円〜7万円かかります。

 

そこで、気になるのが「このままこの車を乗り続けるとどうなるのか?」といった心配ですよね。
この症状が出る(スライドドアが開かない、故障)ステップワゴンは7年以上乗っている車に良く見られる
症状です。
今後この車を乗っていても、色々な箇所の故障がでてくる可能性が非常に高いんです。

 

そんな時におすすめなのが、

 

今乗っている車の価値を知ってみるという事です。

 

今乗っている車の価値を知る事は、今後の人生設計に大きく変える事があります。私もこのサービスを
利用して、当時乗っていた車に思わぬ価値がつきました。

 

そのお金を頭金にして、次の車に乗り換える事ができたんです。

 

無料のサービスなので、よければ試してみて下さい。

 

↓↓↓